安田松慶堂の特注仏壇

安田松慶堂トップページ取扱い商品 > 特注仏壇

安田松慶堂の特注仏壇

『仏間に合う仏壇がない。世界にたったひとつの仏壇を作りたい。』


サイドボードに置けるくらいの小型のものから、大型で彫刻が施されているものまで、
どんなサイズ・素材・デザインでも、オーダーメイドのオリジナル仏壇をお作りします。

また、職人の技が集結した伝統工芸品まで承っております。お気軽にご相談下さい。

東京都伝統工芸品指定『東京仏壇』

東京仏壇は、職人の技が集結した江戸時代から脈々と受け継がれてきた仏壇です。
素材は、黒檀(こくたん)・紫檀(したん)・桑などの唐木銘木を使用しています。

元禄のはじめ、江戸の指物師(板材を組み合わせた木製の茶道具、家具などを作る職人)が、 桑や欅(けやき)などの木材を使い、仕事の合間に独自の技術・技法によって、比較的あっさりとした デザインで装飾の少ない仏壇を作りだしたのが東京仏壇の始まりとされています。
そして、1840年頃、仏壇に黒檀や紫檀などの唐木材を最初に使った人が、 当時の『江戸仏師 三代目安田松慶』だったといい伝えられています。

【東京都認定 伝統工芸士】
 ■藤浪一彦
 ■青嶋 龍海
 ■岩田 芳樹


伝統工芸士とは…
・東京都指定伝統工芸品の製造
 に15年以上従事している
・高度な伝統的技術、技法を有
 している
 などの資格要件を備える者


特別注文(オーダーメイド)について

■納期
サイズによって変わりますが、約2〜3ヶ月を目安にしていただいております。
■価格
サイズ・素材・デザインによって変わります。
ご要望に合わせた特注品ですので、カタログ掲載品より多少お高くなります。
⇒仏壇のカタログ(PDF)
■サイズ
どんなサイズでもお作りできます。
仏壇を置くスペースの限られている方や、新しく仏間を設けるご予定の方は、仏間の設計(仏間のリフォーム)も参考になさって下さい。
⇒仏間の設計のご案内
■素材
様々な素材をご用意しております。
⇒仏壇で使われている代表的な木材のご紹介
■デザイン
仏壇に無くてはならないものもお伝えしつつ、お客様のご要望と合わせて、デザインをご提案させていただきます。
⇒仏壇のカタログ(PDF)
■仏壇の処分・仏具の処分
古い仏壇・仏具は、お預かりし、増上寺ご僧侶の読経のもと、丁寧に浄焚(じょうえん)いたします。
⇒仏壇・仏具のお焚き上げのご案内

特注仏壇(オーダーメイド仏壇)の製作例

【創作仏壇 NO.1】

創作仏壇01
飛天
須弥壇

素材:(外側)総黒檀・総紫檀材 (内側)銘木屋久杉材
彫り:戸板飛天レリーフ入

【創作仏壇 NO.2】

創作仏壇02
風神
雷神

素材:総屋久杉材
彫り:風神雷神レリーフ入・菊前面彫入

トップへ戻る